ホーム > 事業

戸田屋の事業

会社概要

創業 寛永5年(1628年)
設立 昭和25年(1950年)1月
資本金 1,200万円
代表者 代表取締役社長 外松 健太郎
事業内容 地元菓子メーカーへの製菓原材料販売・地元食品メーカーへの食品原材料販売。
半生菓子の企画・開発・パッケージ及び全国販売。
和菓子の製造・小売。
和菓子・洋菓子の通信販売。
地元農産物の栽培・加工・販売。
事業所 本社/〒395-0811 長野県飯田市松尾上溝2945-12
営業所/東京・埼玉・大阪・福岡
関連会社 綿藤トキワフーズ株式会社
業務提携会社 有限会社 田中製餡所

会社沿革

                    
1628年(寛永5年)現在の飯田市松尾町(昔の伊勢町)で創業
1950年(昭和25年)有限会社戸田屋商店を設立
1952年(昭和27年)株式会社戸田屋に改組
1962年(昭和37年)地元の和菓子を全国へ企画販売開始
1970年(昭和45年)本社社屋を飯田市松尾上溝へ移転
1971年(昭和46年)和菓子のオリジナル企画商品加工のため、
パッケージセンター設立
1985年(昭和60年)東京営業所開設
1990年(平成2年)福岡営業所開設
1993年(平成5年)和菓子製造工場及び開発センターを新築
1994年(平成6年)本社社屋を全面改装
1995年(平成7年)大阪営業所開設
1997年(平成9年)和菓子の製造小売の実験店舗「戸田屋安吉」「志な野茶屋」を
開店
農園部を設け、栗・市田柿の栽培を開始
2000年(平成12年)「戸田屋安吉」茅野店を開店
2005年(平成17年)和・洋菓子の製造・通信販売ブランド「双松庵唯七」設立
2006年(平成18年)ネットショップ「双松庵唯七」開店
2007年(平成19年)高森町吉田に農産加工場完成
信濃豊寿庵株式会社設立
2008年(平成20年)栗きんとん加工ライン導入
2010年(平成22年)地下水を利用したヒートポンプ式冷暖房設備完成
LED照明・エコカー導入・太陽光発電システムの設置などCO2削減対策を強化。
2011年(平成23年)高機能自動計量機導入
第二倉庫取得
2012年(平成24年)ネットショップ市田柿の店「柿八」開店